【今年の一皿】2017年今年の一皿があれ【減量食】

こんにちわtamaです。

今年の一皿が発表されていましたね!
今年の一皿はなんとあのトレーニーにはなじみ深い減量食材でした。
オートミールじゃないよ。




今年の一皿

一位は鶏のむね肉料理!!

選定理由

・日本では一般的に「もも肉」が好まれる傾向にある中、高齢化や健康志向の高まりから、糖質・脂質の過剰摂取を控えてたんぱく質を適正に摂取しようとする人々が増え、「むね肉」の高たんぱく・低脂肪の特性に注目が集まった。同時に、抗疲労効果や抗酸化作用があるイミダゾールジペプチドが豊富に含まれる「むね肉」の機能性についても、消費者に広く認知されるようになった。
・脂質が少ないことから加熱すると硬くなり、パサつくといわれる「むね肉」だが、ここ数年で塩麹に漬ける、真空低温調理するなどの技術により、柔らかくしっとり美味しく食べられるようになった。特に今年は、たっぷりの野菜・果物に肉類をあわせて主食とする新しいスタイルのサラダの需要も伸び、サラダの具材としても広く活用された。
出典:ぐるなび

一皿が、料理名でなく系統っていうところにやや違和感。

筋トレの流行りを感じた

トレーニーにとっては、安価なたんぱく源ということで親しまれていますね。
高たんぱく、低カロリー、低価格と三拍子そろっています。
たんぱく質あたりのコストでも、むね肉グラム50円として、グラム当たり約20グラム、
つまりプロテインシェイク一杯≒むね肉100グラムということになるので、
キロ約4000円程度の国産ホエイプロテインと国産むね肉だと、プロテインシェイク一杯あたり100円前後となりますので、
もうむね肉朝晩食ってるほうがいいってことになります。

減量時の最強の味方、ある意味主食、結構腹持ちいい。
むしろ食べない人いないんじゃないか?ってほど。
最近サラダチキンが流行っててむしろ買えなくて歯がゆい気持ちをされた方も多いんじゃないでしょうか。

鶏のむね肉について

例のサイトで見るとこんな感じ

鶏胸肉皮無し

100g換算で108kcal
たんぱく質:22.3g
脂質:1.5g
炭水化物:0g

鶏胸肉皮あり

100g換算で191kcal
たんぱく質:19.5g
脂質:11.6g
炭水化物:0g

皮は、剥いでおいて、ため込んだ皮で鶏油でも作りましょう!!

おすすめむね肉

鶏むね肉とかたべまくっていやになるほどですわ・・・
僕のお勧めは、業務スーパーで2kg900円で売ってる国産鶏むね肉!
大体6枚入っているので、ジップロックに小分けにして保存します。
そのまま炊飯器で低温調理もOK(3時間くらい入れておく)

調理法など下記にまとめてありました。

一番うまいのは

鶏むね肉、調理法いろいろためしました。
塩こうじ漬け、醤油タレ漬け、日本酒漬け、ゆで、低温調理、干す、揚げる。でも、結局刺身がいいです。僕は何の抵抗も無いのですが、一番うまいのは刺身でしょう。
ただし、結構当たる人も多く、ある意味チキンレース注意が必要です。
ちょっとお高い鶏屋さんだと出してくれるかも・・・

今日は焼き鳥にしよう。

まとめ

鶏むね肉が今年の一皿とは恐れ入りました。
高たんぱく、低脂質、無糖で、減量食としても最強、常食してもいい
あと、疲労回復効果も高いとのことです。
僕の一位は刺身です。