ダイエット時の食事から摂取するカロリーを知るために

こんにちわtamaです^-^

ダイエットの際、何がどれだけカロリーがあって、その中にどれだけの栄養素が入っているかを知ることが大事ということを知ったのでご紹介します。

食べられるものは食べたいですからね!




ダイエットに使えるアプリ

myfitnesspal

無料で使用できるスマートフォン用アプリなんですが、目標体重と摂取目標カロリーを設定し、一日のうち食べたものを記録していき、合計カロリーや栄養素、進捗を出せるアプリです。

めっちゃ便利。

また、消費カロリーも入力でき、自分がどれだけ摂取し、どれだけ消費したのかが一目でわかるため、減量中に入力する癖をつけておくと、どの程度動いてどの程度食べればどれだけ落ちたか、ということが把握しやすくなります。

便利な機能として、食品のバーコードを読み取ると、その食品が登録されていればカロリー、栄養素まで出てくるところです。

ダイエットに使えるサイト

カロリースリスム

食材ごとにグラム単位でのカロリーと栄養素が確認でき、また食材の組み合わせ合計でも出せる便利なサイトです。

例えば鶏むね肉と卵とご飯で親子丼を作った場合、食材を検索して入れていくと・・・

こんな感じになります。

PFCまで合計して表示されるので、とても便利。

砂糖をパルスイートに変えて、ご飯をマンナンライスにしてグラムを減らせばもう立派な減量食になりそうです。

食品は測りできっちり測りましょう!

デジタルスケールがあると便利

これらで食べたものを記録すると、

「今日は意外とまだまだ食べられる」

「今日はもう低カロリーのものしか食べられないな」

ということがわかるため、減量がはかどります。

三大栄養素について

三大栄養素とは、

たんぱく質
炭水化物
脂質

となります。併せてPFC(protein,fat,carbohydrate)と呼ばれていて、カロリー計算の三要素となります。

炭水化物は、食物繊維と糖質を合わせたものが記載されています。

ただし、食物繊維は吸収できないため、カロリーにあまりなりません。

1gあたり
たんぱく質:4kcal
炭水化物:4kcal
脂質:9kcal

となるため、やはり脂っこいものはカロリーが高いのです。倍ですからね。

食品に表示されているこれらの要素を見て、カロリー制限ならば脂質に気をつけ、糖質制限ならば炭水化物(食物繊維を除く糖質)に気を付ければ、なんだか行けそうな気がする。

アルコールのカロリー

実は、三大栄養素以外にも、アルコールにカロリーがあるんです。

アルコールはエンプティーカロリーとも呼ばれ、すぐ消費されてしまうのですが、カロリーにして7kcalあります。

結構高いんです。

そのため、ハイボール等は糖質0としても、アルコールが7%程度あると考えると、ハイボール一杯200mlにつき14ml=11g程度、77kcalほどののカロリーがあるんです。

濃さによってぶれますけど。

そのため、太らないとしても、落ちにくくなったりは十分あり得るというか、僕がそうなので間違いないと思います!お気を付けください。

減量豆知識

夜は食べないみたいなの、確かに有効だそうです。

ただ、一日のTotalも重要とのことです。つまり夜食べたとしても、昼を適量に抑えていればそれはそれでOK

何も食べないのは確かに体重落ちるけれど、辛いし筋肉も落ちます。代謝分は下回らないように、とよく言われています。

いろいろ重要なことがあって、何が正解なのかわかりづらいですが、食べないのは辛いし続けられないのでやめて、もうすこし楽に減量するのが続けられることかな~と思います。

まとめ

ま、酒飲んで減量滞るわたくしが言えることは、ハイボールだろうがストロングだろうが飲まないほうが絶対に痩せますということです。

それではまた