【減量】ハイボールの罠!糖質にご注意

こんにちわtamaです^-^

減量中のお酒といえば皆さん焼酎やハイボール等をパッと思いつくかもしれませんが、そこには罠が潜んでいました。

ほんと、注意してください。




糖質制限中でも飲めるハイボール!のはずが・・・

ハイボールとは、ウイスキーのソーダ割のことです。

一般的にウイスキー、蒸留酒には糖質は入っておらず、そのためハイボールは糖質制限中でも飲めるお酒と認識されています。

実際、ほぼ誤差でしょう、入っていたとしても。

そう思っていたのですが、昨日居酒屋のサーバー型角ハイボールを飲んでいたらなんだか甘いな、と思って樽を見させていただきました。

業務用ハイボールには糖類が添加されている!

こちらです。

おわかりいただけただろうか?

業務用の樽詰め角ハイボールのラベルです。

糖類が、添加されていますね。

糖質制限中に飲める酒じゃないんですか?!

順番的にレモンスピリッツの後だから、大した量じゃなさそうですが・・・

ケトジェニック(糖質制限)を行っている人にとっては大問題、知らず知らずのうちに糖質摂ってしまっているわけですから。

ケトジェニック(糖質制限)の糖質摂取量

ケトジェニックをやっている人にとっての、1日あたりの糖質摂取許容量ですが、これはいろんな考えがあるようで意見は様々です。

20グラム程度までOKや、体重*1グラムまでOK・・・といった具合です。

一つ言えることはゼロに越したことはないということなので、プロテイン中の糖質も気にします。

サントリーさんに聞いたところ

蒸留酒に含まれる糖質ですが、0と表記されていても微量は含まれていますので、正規のハイボールもゼロではありません。

が、これは本当誤差の範囲で、0.1グラム(100ml中)程度です。

しかし、このハイボールは添加されているから、誤差じゃないかもしれない!!!

ということでカスタマーセンターに聞いてみました。

すんなり返答をいただけました。

該当商品(樽詰めの角ハイボール)には、100ml中、0.21gの糖類が含まれています。

誤差じゃん!

気にする必要なく、飲めますね・・・・・いや、全然飲めますわ。

まとめ

業務用の角ハイボール樽入りに含まれる糖類は、100ml中、0.21gでした。

お店で出てくるハイボールジョッキが200mlと仮定すると、0.42g、約1.6kcalの糖です。

やっぱり、10杯くらい飲むので、10倍しても4.2g、16kcal程度摂取することになります。

30杯くらい飲む猛者でないかぎり、問題なさそうな量です。

というわけで、ケトジェニック中でも角ハイボールはおいしくいただきましょう!

でも、少しの糖質もNGっていう場合は気を付けてくださいね。

花金なので僕ものんできます。

それではまた

(ちなみに、全メーカーの業務用ハイボールを調べたわけではないので、どの居酒屋でも大丈夫というわけではありません。)